RSS | ATOM | SEARCH
【舌ガン】2度目の舌ガンは抗ガン剤の副作用もなく回復も早かったです

平成94月にものを食べている時に、下顎から右の頬にかけて違和感があり、「あっ、またか」と思いました。3年前に舌ガンにかかり、そのときは抗ガン剤治療でなんとか事なきを得たのです。病院に行ってお医者さまにみてもらうと、やっぱり「舌に腫瘍がある」という診断でした。驚いたことに再発ではなく、新たにできたとのこと。唖然としてしまいました。あの辛い抗ガン剤治療をまた受けなければならないと思うと気が重く、ガンがほんとうにうらめしく思えたものです。

 お医者さまが手術を勧めるのですが、いくらおばあちゃんになったとはいえ、女であることに変わりありません。顔にメスを入れるのは死ぬほどいやでした。どうせ死ぬのなら、きれいな顔のままで死にたい。本気でそう思ったのです。

 そんな時、いっしょにダンスを習っているお友達が『イペエキス』を紹介してくれました。とにかく手術しなくてすむのならと、祈るような気持ちで飲み始めたのです。

 するとたちまちからだに変化が起きました。まず尿の量が多くなったのに驚かされました。この時に「効きそう」な予感がしたのをよくおぼえています。

 その後、入院して抗ガン剤の治療を受けることになりました。ところが、今度は前回のときと違って、治療が終わった後のだるさが全然ないのです。前の時には抗ガン剤を打つと、しばらくは動くことも出できなかったのです。お見舞いに来てくれるお友達や家族にあいさつもできませんでした。何度も吐き気やめまいに襲われたのです。

 でも今回の治療では、そんなことも全然なくて、治療後にベッドから立ち上がって、テレビも見に行けましたし、見舞いに来てくれた孫の相手をすることもできたのです。副作用が軽かったばかりか、回復も早くて、4回の予定だった抗ガン剤を3回で切り上げ、1ヶ月半で退院することできました。もうガンはこりごりです。『イペエキス』ならきっと再発を防いでくれると信じて、今も愛飲させていただいております。

author:紫イペのサンレック, category:体験談 舌ガン, 09:00
comments(0), -
「急性リンパ性白血病」であと半年のはずの母が生きています

母は、年の初めに風邪をひいて、なかなか完治しませんでした。熱が上がったり下がったりをくり返すのです。市販に薬を飲んでも症状は好転しませんでした。そのうちに食欲もなくなり、体力もみるみる衰えていきました。何ヶ所かの病院に行っても、診断は風邪ですまされてしまうのです。

 発病から3ヶ月目。ある病院で下された診断は、「急性リンパ性白血病」とのこと。しかも「余命6ヶ月」とまでいわれてしまいました。私たち家族は、目の前が真っ暗になり、しばらく言葉が交わせませんでした。

病院での治療はすぐに抗ガン剤を投与しました。母は副作用のために吐き気に襲われ、食欲もますますなくなっていきました。

なんとか母を救おうと家族全員、あの手この手でガンにいいといわれるものを探しました。そのなかに妹が本屋で見つけてきたイペ茶の本があったのです。白血病の体験談も載っていたので急いで注文しました。イペエキスパウダーと紫イペカプセルを飲み始めました。パウダーを1.5gとカプセルを6個毎日飲ませ続けました。

すると、4日目から吐き気が治まり、食欲も出て、ぐんぐん元気になってきました。抗ガン剤は3度ほど投与しました。そのため毛髪が抜けてしまいましたが、体力もあり、投与後も自力で歩いて病院の売店まで歩けるのには、まわりの人たちも驚いていました。吐き気もなく、これが「余命6ヶ月」の人間とはとても思えず、家族もほっと胸をなでおろしたのです。

抗ガン剤は全部で5回投与するはずでしたが、結局4回の投与で終わりとなり、約4ヶ月後に退院しました。

抗ガン剤の副作用なのか、指先のしびれが2ヶ月ほど残っていましたが、紫イペカプセル、ビタミンE剤を飲み続けました。

最初は「余命6ヶ月」といわれた母が、定期的な検査を受けながらも、今も元気に暮らしていられるのも、イペエキスパウダーと紫イペカプセルのおかげと思っております。その後の検査でも「異常なし」といわれています。

author:紫イペのサンレック, category:-, 09:00
comments(0), -
ステロイド剤の副作用で黒くなった肌。もう少しで白い肌を取り戻せます。

私は8年もの長きにわたって、アトピー性皮膚炎の治療のために、ステロイド剤の入った塗り薬を使用していました。それだけに、ステロイドがいけないと知って使用をやめたときの副作用はひどいものがありました。

 首は黒っぽい茶色になって、皮膚がかさかさになっていました。顔も赤く腫れました。このステロイド剤の副作用に悩んだ時期は長かったですね。

 2年ほど前にイペ茶を飲み始めると、少しずつ、首の黒い部分が薄くなっていきました。もう少しで、正常な白い肌を取り戻すところまできました。

 紫イペも煮出すタイプのイペ茶から、それよりも濃縮されたエキスパウダーを入れた紫イペカプセルに代え、いまはイペエキスパウダーを飲んでいます。

 やっぱり夏でも洋服を気にせずにいられるのが、一番です。

author:紫イペのサンレック, category:その他, 09:00
comments(0), -
「小児喘息」で入院、通院をくりくり返していた娘が、うそのように丈夫になりました。

3歳になる娘の響は、月に34回も風邪をくり返して、平成11年の3月、4月、5月、そして9月、10月、11月は入院や通院に明け暮れました。

 平成11年の11月から、紫イペを飲ませました。飲み始めた11月から翌年の4月までは朝2g、寝る前に2gでした。その後45月は朝1g、寝る前に1g。5月の中ごろから現在は朝1gに減らしています。

 最初、22ccほどの小さなカップにイペエキスパウダーを入れて、お湯で溶かし、はじめの1ヶ月はスポイトであげていしましたが、その後カップのままで飲めるようになりました。

 3ヶ月ほど続けて気づいたら、不思議なくらい、風邪を引かなくなりました。夜中のゼーゼーもなくなりましたね。前の年も、その前のクリスマスの直前に入院をして、さんざんな年末年始を送っていた響が、今年は紫イペのおかげで、楽しい年末年始を送ることが出来ました。

 現在では風邪をひいてもレントゲン撮影をすることもなくなり、病院の先生からも「響ちゃんはふんばりがきくようになったね」といわれるぐらい丈夫になりました。

author:紫イペのサンレック, category:小児喘息, 09:00
comments(0), -
出かける時に飲んでおけば「花粉症」の症状が出ません。

紫イペをご愛飲頂き、良くなられた47歳女性の体験談をご案内します。

 

私のアレルギーは、ダニ、タバコの煙、お布団や毛布から出る微塵など、とにかくいろいろなものに「反応」してしまいます。花粉の季節などはなおはらのことでした。ですから、旅行や人前に出るときは薬が手放せません。それも割りに強い薬なのですが、からだが慣れてしまうのか次第に効かなくなってしまうのです。病院でも「これ以上強い薬はだめです」といわれるほどでした。そんなとき、平成9年の1月からイペエキスパウダーを試してみたのです。1日に45回は飲んでいましたね。たとえば花粉情報で警報が出ている日などは、出かけるときにイペエキスパウダーを飲んでいれば、薬を飲まなくてもよくなりました。それも毎日でなく、花粉がひどい日だけイペエキスパウダーを飲むだけで大丈夫なのです。現在、病院の薬はまったく飲んでいません。それでもイペエキスパウダーのおかげで、今年は花粉症に悩まされることがありませんでした。

 

author:紫イペのサンレック, category:体験談 アレルギー, 10:34
comments(0), -
緑内障について

 

紫イペの何がさまざまな病気の改善に役立っているのかを簡単に書いてみたいと思います。

今回は緑内障についてです。

 

緑内障

目の前面にある角膜の後ろには、房水という水分が蓄えられています。

緑内障は、その出口に何かのトラブルが起こり、房水が増えすぎた場合に、眼圧が上昇して起こります。このほかにも、眼圧は正常なのに房水が流れにくくなっている場合や、視神経の付近で水分や血液のとどこおりが起こっている場合などにも、緑内障が起こることがわかっています。紫イペは、こんな水分や血液のとどこおりを解消させ、流れをよくしてくれる働きがあると考えられます。紫イペの利水作用がここでも功を奏して、水分や血液のとどこおりをよくしてくれたのではないでしょうか。

author:紫イペのサンレック, category:体験談 目の病気, 10:04
comments(0), -
「全身性エリテマトーデス」の副作用が緩和されました

全身性エリテマトーデスで紫イペを毎日飲むようになってステロイド薬の副作用の顔のむくみが少しずつとれて、白内障の目の奥の痛みもやわらいできました。以前よりも顔色がよくなって、疲れやすさやからだのだるさがなくなりました。血液検査の結果も安定しています。  【井原さまより うれしいお声をいただいています】

author:紫イペのサンレック, category:膠原病, 14:06
comments(0), -
気管支喘息

 

それまではなんともなかったのに、突然ヒューヒュー、ゼイゼイという呼吸をして発作が起こるのが気管支喘息です。

発作は3段階に分けられますが、ひどくなると呼吸困難がひどくなり、チアノーゼといってくちびるが紫色になることがあります。気管支喘息のほとんどがアレルギー反応によるものといわれ、アトピー体質に加えて、気道の過敏性が合わさって起こります。

アトピー性皮膚炎の幼児のうち3040%が気管支喘息を併発するといわれています。気管支喘息の誘因となるアレルゲンはさまざまです。

●吸入性のアレルゲンーハウスダスト・ダニ・カビ・花粉・動物の毛・フケ・そばがら・タバコの煙など

●食べ物のアレルゲンー卵・牛乳・大豆など

この他にも、緊張や不安、怒りなどの精神的な要因がきっかけで発作が起こることがあり、大気汚染などの環境悪化も原因となります

紫イペを飲んで気管支喘息の症状が改善された方のお話を聞いていますので積極的に飲んでくださることをお勧めいたします。

author:紫イペのサンレック, category:-, 15:50
comments(0), -
紫イペエキスが効果を発揮するガン

 

紫イペエキスが効果を発揮するガンについて

●消化器のガン

舌ガン・食道ガン・胃ガン・直腸ガン・大腸ガン・肝臓ガン・膵臓ガン

●呼吸器のガン

肺ガン・咽頭ガン・咽頭ガン

●造血器のガン

白血病・急性リンパ性白血病・白血球増加症

骨髄異形性症候群・悪性リンパ腫

●生殖器のガン

子宮ガン・乳ガン・卵巣ガン・卵巣のう腫・前立腺ガン

・睾丸ガン

●泌尿器のガン

膀胱ガン

●その他のガン

脳腫瘍・皮膚ガン・軟部腫瘍

●ポリーブ

大腸ポリープ・胃ポリープ・膀胱ポリープ・総胆管ポリープ

author:紫イペのサンレック, category:紫イペについて, 13:12
comments(0), -
偉人たちに愛された紫イペ

紫イペは、古くから愛飲されてきた貴重な薬樹です。

ロシアの皇帝は、毎日欠かさず紫イペを愛飲し130歳まで生きられたとか。またインドのガンジーも30年間にわたって紫イペを愛飲しながらヨガの修行をなさったとか。

イタリアのカルロ・エルバ研究所で実施した光化学実験で紫イペに含まれるラパコールという黄色素が動物に植えつけた腫瘍に対して高い効果を示すことがわかった。その他、世界中の研究所で紫イペの効果が検証されてきました。紫イペには免疫力の増強と抗腫瘍作用があることが認められています。

author:紫イペのサンレック, category:紫イペについて, 15:57
comments(0), -