RSS | ATOM | SEARCH
熱中症の対応

暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

連日災害級の暑さで最高気温も更新し続けていて、寒い冬が思わず恋しくなりますね。

ニュースでも熱中症で倒れたり、亡くなられる方が多く心配です。

 

そんな熱中症が疑われる場合の対処法ですが、

まず、意識の有無によって変わってきます。

もし、呼びかけに反応しないなど、意識がない場合は早急に救急車呼びましょう。

意識があり、めまいや吐き気、虚脱感などがある場合は

風通しの良い日陰やクーラーがきいた部屋に移動させ、

衣服を脱がせ、水をかけるなどして体を冷やしてください。

氷のうなどがあれば、太い血管が通っている首や脇の下、太腿の付け根を集中的に冷やします。

もし、可能なようであれば、冷たい水を飲ませてあげましょう。

応答がない場合は、誤って水分が気道に流れ込む可能性があるので、無理に飲ませてはいけません。

最近では経口補水液があるので、そちらがオススメです。

私自身も最近知ったのですが、経口補水液は熱中症の予防に飲むものではなく、

熱中症になってから飲むものだそうです。

 

異常な暑さのせいで屋外だけでなく、屋内でも熱中症対策は必要です。

エアコンなどを利用して暑い夏を乗り切りましょう。

 

 

author:紫イペのサンレック, category:-, 10:47
comments(0), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:47
-, -
Comment