RSS | ATOM | SEARCH
緑内障の眼圧が下がる

紫イペを飲用したら、「緑内障の眼圧が下がった」というお声をいただきます。
緑内障とは目の角膜と水晶体の間にある房水(水分)が増えすぎて、眼球の圧力が上昇して網膜の神経に障害が起こる病気です。
紫イペの持つ作用の一つで利水効果(体内の水はけをよくする効果)によって、増えすぎた房水が減少し、眼圧を下げることにつながったと考えられます。

author:紫イペのサンレック, category:体験談 目の病気, 17:22
comments(0), -