RSS | ATOM | SEARCH
炎症を抑える

私たちの体は外的刺激や異物に対して本能的にそれを防ごうとする反応をあらわします。

これが炎症なのです。したがって、炎症とは私たちの体にとって決して悪いことではなく、体が本能的に自衛手段を発揮している証拠ともいえるものです。

しかし、炎症が過度に発生すると、体は苦痛をおぼえ、発熱、腫れ、発赤、疼痛などの症状があらわれます。このような状態が長く続くと、健康に大きな影響をもたらします。

紫イペは、中に含む豊富なビタミン類の効果や、抗炎症作用、免疫賦活作用、鎮痛作用によって、抗炎症の効果が大きく発揮されます。

author:紫イペのサンレック, category:紫イペについて, 09:59
comments(0), -