RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
脳幹梗塞

「脳幹梗塞」のさまざまな不快な症状が消えました

 「脳幹梗塞」の疑いありと診断され、次のような諸症状に悩まされていました。

(盥垰にからだ全体が浮いたり沈んだりする不安感

∧盥垰にからだがねじれるような不安感

J盥垰に突然からだが後方に引っぱられるような不安感

じ綟部と側頭部の不快な圧迫感

スに鉛が入ったように重く階段昇降時に気分が悪くなる

 これら不快な症状をなんとかしたいと思っていたときに、雑誌で見た紫イペエキスを飲んでみることにしました。

「紫イペの高濃度エキス」を取り寄せて、1日3回、食後に1粒ずつ飲んでいます。

 飲み始めの1〜1.5ヵ月間は症状に変化はありませんでしたが、2ヵ月目に入った頃から、まずからだがねじれるような不快感がやわらぎ、その後ほとんどなくなりました。さらに歩行時に突然からだが後ろに引っぱられる感じも消え、後頭部と側頭部の圧迫感もなくなりました。とくにゴルフのラウンド中に毎ホール不快な症状に襲われるので、同伴者に迷惑をかけはしないかと不安でしたが、先日ラウンドしたときには、18ホールのうち1度だけでした。

 また、以前はお酒を飲んだ翌日に 銑イ両評が強く現れ、1日じゅう不快感と不安感に襲われたものですが、それもなくなりました。

 現在は腰が少し重たいぐらいで、通勤も楽になり、仕事にも集中できます。

 いいものと出会えて心から感謝しています。ほんとうにハッピーです。

 

author:紫イペのサンレック, category:その他, 09:00
comments(0), -
肺ガン

「肺ガン」の抗ガン剤治療の副作用による白血球の減少がなくなりました

 4年前に腎臓ガンと診断され手術を受けました。その後、もうガンの心配はなくなったものと安心していました。ところが2年ほど前に、急に咳き込むようになり、病院で検査を受けたところ、両方の肺にガンがあることがわかりました。大きさは片方が5センチ、もう片方が2センチで、医師から「手術できません。もって1年」と告知を受けました。

 治療は3種類の抗ガン剤を毎週1回、9週間連続して投与する化学療法でした。

 1回目の投与後に、副作用で白血球が減少してしまい、連日白血球を増やす薬を注射してもらいました。

 そんなときに知人が見舞いがてらに、「紫イペの高濃度エキス」を持ってきてくれました。免疫力を強化するという話だったので、もしかしたら白血球の減少もなくなるかもしれないと思い、必死になって飲みました。

 紫イペエキスを1日3回、1回に3粒ずつ。1日9粒が基本で、抗ガン剤の点滴を受ける日にはいつもの2倍の量を飲むことにしました。

 すると、2回目からの抗ガン剤治療では、白血球が減少しませんでした。それだけでなく、つらい副作用もまったくなかったのです。おかげさまで、紫イペエキスと抗ガン剤治療が奏功して、3ヵ月間の入院治療でガンが消失してなくなりました。

 あれから2年になりますが、紫イペエキスを毎日3粒ずつ飲みながら、今も元気に暮らしています。

 

author:紫イペのサンレック, category:体験談 肺がん, 09:00
comments(0), -
糖尿病

「糖尿病」で280あった血糖値が120に下がりました

「紫イペの高濃度エキス」のおかげで血糖値も安定し、私は今75歳ですが、「65歳ぐらいに見える」といわれるほど血色もよく、毎日元気にすごしています。

「紫イペの高濃度エキス」を飲み始める以前は血糖値が280もあり、入院するようにいわれていました。でも主人が老人性痴呆のため、入院することもできずに困り果てていました。

 それが、友人のすすめで「紫イペの高濃度エキス」を毎日6粒ずつ飲むようになってから、まずアワだらけだった尿がきれいな尿になりました。

 1ヵ月後、病院で血糖値を検査してもらったところ、120にまで下がっていたのです。口の渇きもなくなりました。

 とても健康食品とは思えない「紫イペの高濃度エキス」の効果にただ驚くばかりです。

 

 
 
 

author:紫イペのサンレック, category:体験談 糖尿病, 09:00
comments(0), -
手術するはずだった「胃ガン」が2ヵ月で消えてしまいました

 若い頃からもともと胃が弱かったんですが、1年前から胸やけというか、胸のあたりのむかつきがひどくなり、胃薬を飲んでもよくならないんです。おかしいなと思って、病院で検査してもらったら、思いもかけず「胃ガン」と診断されてしましました。胃潰瘍の間違いじゃないんですかと確認すると、「間違いありません」と若い医師はいいます。

 病院からの帰り道は車を運転して帰ったのですが、ショックでどこの道をどう帰ったのか、覚えていません。

 医師はもう少し詳しく検査をしてから、手術をするということで、ベッドが空きしだい検査入院することになりました。

 検査入院までの間、とにかく治りたい一心で、「ガンにいい」といわれるものを自分なりにあれこれと調べました。本も何冊も買って、読みあさりました。そのなかでいちばん説得力のあった紫イペエキスを飲んでみることにして、急いで「紫イペの高濃度エキス」を注文しました。

 毎日15〜18粒ずつ、必死に祈るような思いで飲みました。飲んでしばらくすると、胸のむかつきがなくなったので、効いているのがわかりました。

 それから1ヵ月後にベッドが空いて、精密検査をしてもらいました。すると、担当の医師がカルテをにらみながら「ガンが小さくなっています」と首を傾げているのです。

 結局、手術をせずに、もうしばらくようすを見ることになりました。

 もちろんそれからも紫イペエキスを飲みましたよ。それで、2ヵ月目の検査のときにはすっかりレントゲンから影が消えていたんです。私よりも医師が驚いていましたよ。

 現在も3ヵ月に1度の割合で病院で検査してもらいながら、紫イペエキスを飲み続けているおかげで、再発していません。

 

author:紫イペのサンレック, category:体験談 胃がん, 09:00
comments(0), -
本日よりキャンペーンです!

いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。

本日9/3より夏のキャンペーンが始まっております!

キャンペーン期間中は紫イペゴールド・パウダーが5個のお値段でおひとつプレゼントさせていただいております!

また、紫イペのちからは50%オフ!(但し、在庫限りとなりますので早期販売中止になる場合があります。)

お得なこの期間に是非お求めください。

期間は9/30までとなっております。

 

ネットだけでなく、お電話でのご注文も受け付けております。

皆様からのご注文をお待ちしております。

 

author:紫イペのサンレック, category:ご案内, 09:00
comments(0), -
キャンペーンのお知らせ

いつもブログをご覧頂き、誠にありがとうございます。

厳しい暑さで、毎日が大変ですね。

 

もう少し先のお話ですが、キャンペーンの日程をご連絡させていただきます。

 

キャンペーンは9/3(火)〜9/30(金)となっております。

 

紫イペゴールド・紫イペパウダーを5個まとめてご購入いただきますと、

同じ商品を一つプレゼントさせていただきます。

毎日飲んでいただくものですので、お得なこの機会に是非ご購入くださいね。

 

author:紫イペのサンレック, category:ご案内, 09:00
comments(0), -
喉頭ガン

初期の喉頭ガンが、「紫イペエキス」だけでずっと落ち着いています

 最初の診断では、喉頭ガンの初期なので放射線治療で治るといわれていました。ところが結局、検査を進めていくうちに手術をしなければならないと医師からいわれ、途方に暮れました。手術となれば、声を失うことになります。

 本を探し、雑誌を見たり、インターネットを開いてもみました。そこで見つけたのが「紫イペエキス」でした。手術だけはなんとしても避けたい。その一心で、さっそく申し込み、飲み始めることにしました。取り寄せたのは「イペエキスパウダー」と「紫イペカプセル」です。紫イペカプセルは1日に3粒、イペエキスパウダーはティースプーン3杯。それぞれを毎食後に分けて飲みました。

 手術をするかしないかの決断は、ひとまず保留にしました。失うものは大きすぎますし、紫イペエキスの効果を実感するまでは…、そう思ったからです。それに放射線治療で治ると当初はいっておきながら、手術を勧めるようになったことで、医師に対する不信感も生まれていました。「初期なのだから、まだ少しは時間がある」。そう思い、家族とも相談の結果、しばらくは「紫イペエキス」に賭けてみようという結論に達しました。

 結局、病院は変えました。今はそこで月に1回、通院して検査をしています。ガン細胞は確かにあるものの、急激な増殖もなく落ち着いているとのこと。病院でも治療はひとまず受けないことに決めていますから、抗ガン剤などの薬はいっさい出ません。

「紫イペエキス」を飲み始めて10ヵ月が経ちました。今は「紫イペエキス」だけを頼りに、イペエキスパウダーと紫イペカプセルを飲み続けています。これからどういった経過をたどるかは、今はわかりませんが、仕事も順調にこなし、ガンの宣告を受けたときよりはずっと体調もいい。「紫イペエキス」を信じて飲み続けていきたいと思っています。

author:紫イペのサンレック, category:がんについて, 09:00
comments(0), -
高血圧が治った!

「高血圧症」の血圧が安定し、薬漬けの生活から解放されました

 私は長年「高血圧症」に苦しめられ、血圧降下剤を服用していました。それでも血圧はいっこうに安定せず、上が160前後、下が130前後で、変動の波も激しかったのです。そのためか毎日のように強い頭痛があり、2種類の鎮痛剤を服用したせいで胃のもたれ感が続き胃薬も併用。頭痛と胃痛をかかえながらの悶々とした生活がさらにストレスを生むという悪循環で、ついには不眠症にも陥り、精神安定剤を服用することに。結局7種類もの医薬品を常用する、まさに薬漬けの状態になってしまいました。

「このままではいけない。根本的に体質を変えなければ」と一念発起した私は、新聞広告で見つけた紫イペエキスの本を入手して、むさぼるように読みました。そして、「これしかない」と思い、さっそく受話器を手に取り、「紫イペの高濃度エキス」を注文したのです。

 必死の思いで1日9粒(朝3、昼3、夜3)ずつ飲み始めました。

 すると飲み始めて3ヵ月目で強い頭痛がピタリと止まりました。夜もグッスリ眠れるようになり、医薬品の山ともお別れして、ついに薬漬けの生活から解放されました。

 先日血圧を測定してもらったところ、上が120、下が90まで下がっていました。長年悩まされていた病気だけに、なんだかキツネにつままれたような気分ですが、「紫イペの高濃度エキス」の効果のすごさにただただ驚くばかりです。

 

 

author:紫イペのサンレック, category:その他, 09:00
comments(0), -
「アトピー性皮膚炎」

どんな治療もだめだったアトピーが治ったことに、驚いています

 幼い頃から腕や足の関節に炎症が出ることもありましたが、病院にかかることはありませんでした。アトピーの症状が強く出始めたのは、中学3年生のとき、旅行に出かけたのがきっかけでした。旅行から帰った日に、顔や上半身を中心に全身にかゆみと炎症が現れたのです。このときから、私とアトピーとの闘いが始まりました。

 いくつかの病院に通いました。最初にかかったのは近所の病院です。「アトピーだね」といわれてステロイド剤が処方されました。かゆみや赤みは、ひとまずステロイド剤で引いたものの、これがアトピーの泥沼化の始まりだったのです。

 ステロイド剤を塗らないとひどいかゆみに襲われるようになり、それはだんだんとエスカレートしていきました。病院を変え、アトピー治療で有名な先生のところへも電車に何時間も揺られて通いましたが、いっこうによくなりません。

「病院ではよくならない」。私はすっかり病院で行われる治療に失望してしまい、両親に勧められても病院へは行かなくなりました。かゆみや肌の乾燥はワセリンと尿素クリームで対応していましたが、この状態がこのままずっと続くのかと思うと、気の遠くなる思いでした。

 大学に入って2年目、父が東洋医学でアトピーを治してはどうかと提案してくれました。うさんくさい。私にはそんなイメージがありましたからかなり抵抗したのですが、「試すだけ試してみたらどうだ」という父の強い勧めで、不承不承、出かけてみることにしたのです。しかし、この出会いが、私のアトピー治療の終止符を打ってくれるとは、そのときは考えてもいませんでした。

 東洋医学は気功を主体とするものでした。アトピーを治すには皮膚のことばかりに目を向けず、体そのものを健康にしていくというものでした。そして、ここで教えてもらったのが『紫イペの高濃度エキス』だったのです。

 東洋医学と合わせて、『紫イペの高濃度エキス』を飲むことにしました。1日朝2粒、夜2粒を食事の後で飲み続けました。

 変化はまず、便に現れました。黒っぽい焦げ茶色ですごい悪臭を発する便でした。量もすごく、大げさではなく30分おきに出て、それが2〜3日続きました。このおかげで当時60キロで20%もあった体脂肪率が、体重53キロ、体脂肪率は11%に落ちました。若いのにしまっていない体が引き締まり、少し、うれしくなったものです。

 その後、鼻づまりが改善。治療を受けるのと併用して『紫イペの高濃度エキス』を飲み始めて1年が経過していました。ちょうど花粉症の季節。もともと小さな頃から鼻づまりがひどく、大人になってからは花粉症にかかっていたのです。それがこの季節に花粉症が出てこなかったのです。

 アトピーに皮膚に変化が現れ始めたのは、さらに半年がたった頃からでした。アトピーが長く続いた肌はよく“象皮”にたとえられますが、その皮膚が、まるで1枚ペロリとはがれ落ちるように、しっかりとした肌色を取り戻したのです。かゆみはもありません。

 長く続いたアトピーとの闘いは、治療と併用した『紫イペの高濃度エキス』で終わりを告げました。それがどれほどの喜びか。もちろん、これからも『紫イペの高濃度エキス』は飲み続け、再びアトピーに悩むことのない生活を維持していきたいと思っています。

 

 

 

 

 

author:紫イペのサンレック, category:体験談 アレルギー, 09:00
comments(0), -
【慢性腎臓病】

透析寸前まで行った腎臓病に回復に兆しが!先日は海外旅行へも行ってきました

 体中にかゆみを感じるようになったとき、最初は「年をとると肌の乾燥が進み、こんなこともあるのだろう」と思っていました。

ところがそのうち、吐き気やむくみ、筋肉の突っ張り、手足の硬直をはじめ、全身がしびれるような不快感を覚えるようになりました。ただの乾燥肌だと思っていたのが、さまざまな症状が出始めて異常を感じ、病院で診断を受けたところ、慢性の腎臓病との診断。「透析を受けてください」といわれてしまいました。愕然としましたね、さすがに……。

 さっそく、透析をするためのシャント(血液の出入り口)をつくるための手術は受けたものの、一生続く透析治療にはどうしても踏みきれません。医師からは「腎臓病は決して治らず、透析以外の方法はありません」といわれましたが、なんとか説得して透析の開始を延ばしてもらいました。

 その第一の理由は知人からの勧めで、紫イペの高濃度エキスの存在を知ったからです。透析以外の方法で腎機能をよりよくするための方法として、まず違う方法を試してみたかったのと、紫イペの高濃度エキスはそれにぴったりではないかと思えたからです。早速紫イペの高濃度エキスを取り寄せて飲むことにしました。とにかく早く効果を出したかったので、毎食後5粒ずつ、115粒飲みました。

 そして、透析を勧める医師を説得する材料がそろったのは3ヶ月後。その後にも、自分のなかではさまざまな変化が現れていました。体中のかゆみ、しびれ、吐き気やむくみなど、病院へ行ったときの症状はほとんど緩和されていましたが、やはり数値で示さないと納得してくれないようでした。その数値が出たのが3ヶ月後だったというわけです。11%にまで下がっていた腎機能は回復、血液検査のクレアチン値も9.0から7.5まで減少。「もうしばらく、透析は見合わせましょう」という結果に、私は本当に、小躍りしたいくらい喜びましたね。

 今後はクレアチン値を5.0まで回復させたいと思い、紫イペの高濃度エキスを飲み続けています。現在は14粒に減らしていますが、数値が上がることもなく、不快な症状も出ていません。それどころか、つい先日が海外旅行にも行ってきたほど元気です。

 

author:紫イペのサンレック, category:慢性腎臓病, 09:00
comments(0), -